年代別のスキンケアの違い

女性にとって肌の悩みは気になるものです。
ファンデーションで隠すことができても、素肌がきれいであることでより自信が持てるものです。
肌の悩みは年齢を重ねることで徐々に変化していきます。
肌質にもよりますが、10代頃の若い世代は皮脂が多くてべたつきやニキビ、毛穴が気になります。
20代頃になると乾燥し始めたり、乾燥のせいで小じわやたるみ、ニキビができることがあります。
そしてさらに年齢を重ねるとしわやほうれい線、たるみなどが気になり始めます。
しかし、同じくらいの年齢なのに若く見える人と老けて見える人がいます。
年齢肌の違いは何でしょうか。
それは、その年齢や肌質に合ったスキンケアをしているかどうかです。
若い頃はさっぱりタイプや肌の引き締めができる収れん効果のあるスキンケアをします。
物足りなくなってきた20代頃は、保湿もしっかりと行うようにし、美容液などで高濃度の栄養を肌に与えます。
そしてさらに年齢を重ねたらエイジングケア用のスキンケアでしっかりとケアをします。
肌質の違いがあるので、たくさんある化粧品の中から自分の肌に合うものを探して使うことが大切です。
年齢肌の差は毎日のスキンケアや生活習慣の差です。
特別なことではなく、毎日の積み重ねが大切です。