年齢や肌質で変わる!美容液でエイジングケア

特に口元や目元の乾燥が気になる方、ほうれい線が深くなってきた方、または首の年齢サインが気にかかるといった方は、自分に合ったエイジングケアを行なうことができるでしょう。
一般に、加齢とともに肌トラブルが起こりやすくなる主な原因は、コラーゲンが減少していくことにあります。
たとえば20代の頃のコラーゲンと60代の頃のコラーゲンとを比較してみると、大幅に減っていることが分かります。
コラーゲンが減少すると肌の機能も低下し、肌トラブルにつながる恐れがあるのです。
そこで自分の年齢肌に合わせて効果的なエイジングケアを行なうことが必要でしょう。
加齢に伴って減少するのはコラーゲンだけではありません。
ヒアルロン酸も徐々に減少していきます。
たとえば、若いころはヒアルロン酸の量は多く、水分量も豊富であるため、みずみずしい肌を保つことができます。
しかし年を重ね40代を迎えるころには、ヒアルロン酸の減少が進み、50代の後半には急激に減っていくものです。
こうした年齢肌に加えて、各人の肌質にも気を配る必要があります。
乾燥肌や敏感肌、また油性肌や混合肌など、肌質によってスキンケアの方法が変わってくるからです。
いずれにしてもエイジングケアにコラーゲンは欠かせません。
コラーゲンをたっぷり含んだ美容液で正しいケアを心がけましょう。